「へそ展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、
さまざまなプロセスと試行錯誤(と、ときどきドラマ)があります。
〈「へそ展」日記〉は、「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」展、
略して「へそ展」が出来上がり・閉幕するまでの舞台裏を、
府中市美術館から発信するブログです。


「初公開」作品44点。 これってすごいことなの?

開幕までいよいよあと3日。

今日は「新発見」のことについて、少し考えてみました。

近年、展覧会の開催にあわせて、初公開作品のニュースが新聞やテレビなどで華々しく報道されたりしています。

「若冲の幻の作品、初公開!」といった具合に。

▲へそ展で展覧会初公開の徳川家光《兎図》。

 

「〈新発見〉ってどういう意味?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ここで言う「新発見」とは、近年の研究者に知られることなく、展覧会や本などでも紹介されたことのない作品のこと。本だけで紹介されたことがある場合には、展覧会「初公開」となるわけです。

 

そこで、へそ展の図録の制作が始まった昨年春頃、私も金子学芸員に聞いてみました。

「へそ展では初公開とか、新発見みたいな作品はあるんですか?」

すると金子学芸員からは

「ありますよ、おそらく数十点にもなるんじゃないでしょうか。

〈春の江戸絵画まつり〉はいつもそうです」

と、驚きの答えが返ってきました。

「研究の成果を展覧会で発表するのが学芸員の仕事。ですから、いわゆる“新発見”とか、”初公開”といった作品はいつもこれくらいになるんです」

なのだそうです。本当にびっくりしました。

でも、言われてみれば納得で、だから〈春の江戸絵画まつり〉ではいつも、「こんなの見たことない!」という面白い作品が並ぶんですね。府中市美術館での展示をきっかけに、その後、一躍、有名になった作品も思い浮かびます。

そして、金子学芸員の予想通り、へそ展での展覧会初公開作品は、最終的になんと44点になりました。

   

▲こちらも展覧会初公開、仙厓の《十六羅漢図》。「こんな十六羅漢は見たことがない」と金子学芸員。

 

しかも、そういった”新発見”だけでなく、美術史的にも重要と定評のある作品も、さりげなく出品されていることもすごいところなんです。ぜひ、見にきてください!

(図録制作チーム、久保)

Copyright©2018 府中市美術館 All Rights Reserved.