「へそ展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、
さまざまなプロセスと試行錯誤(と、ときどきドラマ)があります。
〈「へそ展」日記〉は、「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」展、
略して「へそ展」が出来上がり・閉幕するまでの舞台裏を、
府中市美術館から発信するブログです。


ありがとうございました! そして「へそロス」してる場合じゃなく……

へそ展、5月12日(日)に無事、閉幕を迎えました。当初の予想を上回る反響をいただき、府中市美術館開館間もなくのマネ展(36211人)以来、18年間更新することのできなかった入館者数記録も超えました。45731人です。

▲府中の森公園は、会期中に桜から新緑の季節へ。

 

上野や六本木で開催される大規模展覧会の「何十万人動員!」といった数字を見聞きしたことのある美術ファンの方々は、「話題になった割には少ない」と思われるかもしれません。でも、この数字はじつは、すごいことなのだそうです。なぜなら、へそ展は、アクセスの良い都心の美術館での開催ではなく、超有名作品で人寄せをせず、大手新聞社やテレビ局の主催ではなく、大手企業の後援や協賛もなく、広告代理店やPR会社も関与せず……と、「ないない」づくしの美術展でした。

▲記者発表も手づくりで準備しました。

 

ですから、美術館単館のオリジナル企画のへそ展がここまで成功することができたのは、純粋に、本当に多くの方が面白いと感じてくださり、応援してくださったから、ということです。この喜ばしさは格別です。皆さん、本当に、どうもありがとうございました。また、多くの方が図録を購入いただいたことも、図録制作チームとしては本当に嬉しかったです。重ねて、どうもありがとうございました。

▲トートバッグとのセットも人気でした!

 

また、ツイッターを通じて多くの方とへそ展の面白さを共有できたことも、素晴らしい体験でした。普段、本の編集していて、リアルタイムで読者の方々の反応に触れることは、あまりありません。ですから、自分がいいと感じたへそ展の絵を、たくさんの人が「いいね」してくれたり、記事に興味を持ってくださることがわかったりすることがとても新鮮で、たいへん勉強になりました。皆さん、本当にありがとうございました。あんまり楽しかったので、これからも時々、つぶやかせてください。

ちなみに、以下が「いいね」の数ベスト3ツイートです。

へそ展が終わった今、「へそロス」真っ只中なわけですが、でも、そうこうしているうちに、来年の「春の江戸絵画まつり」の足音が聞こえてきました。もちろん、我々チームが図録制作に携われるかどうかは全くわかりませんが、携われなかったとしても、ひとりのファンとして、すっごく楽しみな内容になりそうです。近々、詳しい内容が発表されると思いますので、お楽しみに!

▲今回へそ展のコンセプト(写真)に共感してくださった方なら、次回の「春の江戸絵画まつり」もきっと楽しんでいただけると思います!

(図録制作チーム、久保)

国分寺→府中、将軍様をめぐる散策

せっかくへそ展へ行くなら、周辺も散策してみよう! というこで、これまで府中通信施設浅間山公園をご紹介してきた「へそぶら」シリーズ。ゴールデンウィーク拡大版の今回はちょっと本格的にぶらぶらしてみたい人向けの散策ルートをご紹介します。

府中市美術館へ電車で行く方はほとんどが京王線府中駅か東府中駅、またはJR中央線武蔵小金井駅からバスをご利用かと思いますが、今回私が降り立ったのは、JR中央線西国分寺駅。

▲美術館との位置関係はこのようになっています。

今回はここから歩いて美術館を目指すのですが、2ヵ所寄り道します。「武蔵国分寺跡資料館」と「大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)」です。寺社巡りといえばそれまでですが、これが、「へそ展」とおおいに関係があるのです。

▲ということで西国分寺駅南口を出発です。

まずは「国分寺」を目指します。聖武天皇の詔で全国に建立された国分寺のひとつ、武蔵国分寺跡です。武蔵国分寺は、鎌倉末期の戦で焼失(現存の国分寺は、その後新田義貞が再建した真言宗豊山派の寺院)し、今はその跡地が国の史跡に指定されています。武蔵国分寺は、全国の国分寺の中でも有数の規模だったそうで、とにかく広大。街中いたるところに史跡があります。

▲西国分寺駅から数分のところにある東山道武蔵路史跡。古代の官道(都と国府を結ぶ道)です。この東山道武蔵路の東側に僧寺、西側に尼寺(国分尼寺)が置かれていました。
▲竪穴式住居跡なんかを見つつ、さらに進んでいきます。
▲いよいよです。僧寺伽藍中枢部跡地。
▲本尊を安置する金堂や講堂、鐘楼などがあった中枢部。現在は緑地になっています。

 

ここまで来ると、お目当て「武蔵国分寺跡資料館」はもう少しです。

▲資料館は「おたかの道湧水園」にあり、入口の「史跡の駅 おたカフェ」で入場料を支払います。一般100円です。
▲園の入口は、「旧本多家住宅長屋門」で、市の重要文化財。江戸末期の建築です。
▲資料館に入ると、再現ジオラマがお出迎え。国分寺がどうなっていたかよくわかります。中央にあるのが、先ほど見てきた伽藍中枢部ですね。

さて、いよいよお目当てです。

▲これです!

なんだかわかりますか? 兎、ピヨピヨ鳳凰、木兎で皆様の心を鷲掴みにした、三代将軍家光の朱印状です。徳川将軍は寺院や神社を保護するために朱印地を与えましたが、その証文というわけですね。上様といえども、流石に本業ではお絵描きのような独創性を発揮する余地はなかったようです。

▲ギャップをお楽しみください。

 

国分寺史跡は、他にも七重塔跡地や、国分尼寺など見どころたくさんなのですが、いつまでたっても府中にたどり着けませんので、朱印状でテンションが上がったところで、移動します。

▲国分寺の史跡群を抜けると、異様な壁にぶつかりました。府中刑務所です。
▲東芝府中工場のエレベーター試験塔も見えます。

 

次に目指すは、府中市美術館とは府中駅の反対側に位置する大国魂神社。東京五社のひとつ、武蔵国の総大社です。府中街道をひたすら南下していきます。

▲しばらく歩くと美術館通り。左折すれば府中市美術館ですが、直進します。
▲甲州街道を越えると、そこは、
▲われらが京王線! 府中駅はすぐそこです。
▲天然記念物という銀杏並木を抜けると
▲大国魂神社です。
▲境内では間近に迫った「くらやみ祭り」の準備が着々と進んでいました。今年はへそ展とのセットもいいですね。
▲結婚式にも遭遇しました。おめでとうございます。
▲お詣りを済ませたら、目的の宝物殿へ。

 

大国魂神社の創建は西暦111年と、その歴史は古いのですが、府中市美術館の金子学芸員にうかがったところ、近世の歴史は徳川家康による大造営に始まるのだとか。その本殿は、1646年に火災で焼失したものを四代家綱が再建を命じて1667年に完成したもの。現存します。そう、家綱様です。へそ展とつながりましたね。

本殿は残念ながら特別な日にしか公開されないのですが、ここ大国魂神社にもやはり、将軍様の「朱印状」が残されています。徳川幕府からの社領寄進の朱印状として、六代・七代・十五代将軍を除く、歴代将軍の12通もの朱印状が残されているのです。この宝物殿には家光・家綱親子の朱印状が並んで展示されています。館内撮影厳禁なので、写真はご紹介できません。気になる方は、へそ展の親子展示と併せて、ぜひ皆様の眼でお確かめください。

▲家光・家綱親子、朱印状はともかく、自分たちの描いた絵が並べて展示されている未来を想像していたでしょうか?

 

いかがでしたか? へそ展で家光・家綱親子画伯に魅せられた私は、府中市美術館のこんなに近くでその痕跡に触れらるということに、とても不思議な感慨を覚えました。日本美術にこれまでにないムーブメントを起こしつつある秘密には、国分寺と大国魂神社という武蔵国二大パワースポットに残された将軍様たちの何かがあったとしか思えないのです。

 

今回の散策、なんと3時間に及ぶ大行軍となってしまいましたので、この後へそ展を鑑賞する体力が残っているかどうかは保証いたしかねます。国分寺と大国魂神社、どちらかだけというコースでも十分かもしれません。それでも武蔵国国府の史跡の数々を歩いていて、「府中がなぜ府中なのか」ということに少し触れられた気がした、そんな散策でした。

ぬこ
▲おまけ。今回の散策で遭ったねこ。

 

(図録制作チーム、藤枝)

 

 

 

家光兎のアレを探して

おかげさまで大いに盛り上がっている「へそ展」ですが、前期も気がつけばあと10日ほど。ご案内の通り、前後期で大幅な展示替えがありますので、前期でお目当ての作品がある方は急がねばなりませんし、後期を楽しみにしていらっしゃる方は、そのスタートを指折り数えているかもしれません。

すでにご来場の方で、この「へそ展日記」をご愛読の方、美術館周辺のご散策をお楽しみいただけたでしょうか?
先日の金子学芸員の講座でいきなり前回の「三角点ネタ」が取り上げられ、ドキドキしてしまいましたが、ご好評をいただけているものと勝手に解釈しまして、調子に乗って散策編第3弾をお届けします。

と言いましても、スポットは今回も「浅間山」(なんと読むか、覚えましたね?)です。そう、美術館近くにある、あの浅間山公園です。

公園
▲今回も浅間山公園よりお届けします。

地形やら、富士塚やら、三角点にハァハァしていた担当者、この見所盛り沢山の低山を登っていて、あることに気づいたのです。

例えば、こんなのとか。
切り株
こんなのとか。
切り株
こんなの。
切り株
いかがですか? へそ展を存分に楽しんできた皆様なら、「あ!」と思うハズ。

へそ展で皆様の心を鷲掴みにした、家光様の兎図。「ボディか?」はたまた「マントか、ガウンなのか?」ーー邪悪にも見えるその表情もあって皆様の妄想が膨らみ、実際鑑賞して「えー⁉︎ 切り株なの?」と一部の方に衝撃を与えたアレです。そんな兎がちょんと乗るのにちょうどいいサイズの切り株が、浅間山のいたるところにあるのです。そこで、あの兎が佇んでいたのは、こんな切り株だったのでは? と妄想する散策はいかがでしょう?

▲ちなみに担当者が「コレだ!」と思った切り株はこんな感じです。

先日の講座や図録の解説にあったように、唱歌「待ちぼうけ」の元ネタである「韓非子」のエピソードも思わせる兎と切り株。家光様も江戸のどこかで見かけたこんな切り株をイメージして描いたのかもしれません。そう思うとワクワクしますね。そして、本物の切り株を眺めると、家光様、切り株は意外とよく描けている気もしてきます。
ということで、家光兎の切り株はコレだ! というものを見つけましたら、#家光兎のアレ で、Twitterなどに投稿してみてください(真顔で)。

ぬこ
▲おまけ。都営浅間町二丁目アパート付近にいたねこ。

(図録制作チーム、藤枝)

へそ展アフターに低山登山のすすめ

桜も咲き誇り、用事もないのに出かけたくなる季節となりました(私だけかもしれません)。せっかく府中市美術館に来たからには、の周辺散策シリーズ第2回です。

府中市美術館の住所は「府中市浅間町1丁目」この「浅間」ってなんだかわかりますか? 美術館前の通りを西へ進み、新小金井街道にぶつかったあたりにその答えがあります。
浅間山公園
都立浅間山(せんげんやま)公園。府中市唯一の山である浅間山に作られた公園です。浅間山は標高79.6メートル。ものの5分で登頂できてしまう低山中の低山ですが、これが見所盛り沢山なのです! 行ってみないとわからない、その見所の多さに担当者が「ハァハァ」(息切れ的な意味ではなく)したポイントを一部ご紹介します。

登山口
▲一見ごく普通の自然豊かでのどかな公園ですが、実はスゴいんです。
パラボラアンテナ
▲登っている途中、「府中通信施設」のパラボラアンテナも見えます。この角度もイカす!

 

●見所その1:「地形」がおもしろい!
テレビ番組「ブラタモリ」がお好きな方は恐らく「地形」の話で酒がいくらでも呑めてしまうと思いますが、この浅間山は地形的にユニークな低山です。詳しく書くとそれこそいくらでも書けてしまうので、ざっくり解説にとどめますが、古多摩川などによって削られた、孤立丘なんです。ということで地質も周辺の段丘とまったく違うのだそうです。それがどう面白いか知りたい方はググってみてください。

▲樹々で視界が遮られがちですが、唯一の山らしい見晴らしです。

 

●見所その2:「ご近所富士」である
富士塚をご存知でしょうか? 富士山信仰に基づいて、江戸時代に関東一円に作られた「富士山のミニチュア」で、多くは築山だったり、富士山から運んできた石を積み上げて造られたりしましたが、もともとあった山を利用したものもあります。そのスタイルは様々ですが、おきまりの一つに「浅間神社」があります。富士山頂にある「奥宮」(浅間神社)の分祠を山頂に置くのです。さて、府中の浅間山。前山、中山、堂山と3つの山から構成されていますが、その堂山山頂に浅間神社があります。

奥宮
▲山頂の盛り土の上に浅間神社があります。

つまりここ、富士塚なんです。どの講(富士講)が作ったかなど来歴は定かではありません(もしくは富士講とは違った流れかもしれません)が、お祀りしてあるのは木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)ですから富士山信仰です。富士塚の細かい定義に照らすと違うとも言えますが、富士塚的な存在=「ご近所富士」です。先ほどの地形的特徴から、この浅間山の眺望は地元の人にとって、富士山を思わせるものだったはず。富士山に行きたくても行けなかった、ならば代わりに自分たちが登れる富士山を作っちまおう、という江戸の人たちの粋と信心が詰まった、パワースポットなのです。富士塚について詳しく知りたい方は、私が編集した『ご近所富士山の「謎」』という本をお読みください(それとなく宣伝)。

浅間神社

 

●見所その3:三角点がある
地理地形好きをこじらせた人の一部に、「三角点マニア」がいます。登山が好きな人は山頂によくありますので、「あ、あれね」と思うかもしれません。その「あれ」があります。これも詳しく書くと大変なことになるので割愛しますが、先ほどの浅間神社の脇にあります。

▲三角点には等級がありまして、標柱から浅間山のものは「二等三角点」だとわかります。全国に約5000ある二等三角点のうちの一つです。ちなみに一等三角点は全国1000箇所に満たないので、マニアの憧れだそうです。

 

●見所その4:その他にもいろいろある
その他、歴史的なところでは縄文時代の遺跡が確認されていたり、南北朝時代に新田氏と足利氏が戦った古戦場だったり、戦時中は陸軍の火薬庫があったりと、とにかくいろいろあります。また、日本で唯一のムサシノキスゲという植物の自生地だそうですが、担当者は食べ物以外の有機物にあまり興味がないので、関心のある方はぜひご自身でお確かめください。

今回の散策の所要時間は、美術館をスタートして約50分。へそまがりな散歩に最適なテーマが盛り沢山の、超おすすめコースです。

ぬこ
▲おまけ:浅間山に向かう途中、平和の森公園にいた猫。

(図録制作チーム、藤枝)

へそ展を観た後にブラブラするなら

美術館前の桜も咲いて、散歩には最高の季節になりました(花粉もツライですが)。

ソメイヨシノ
美術館前の染井吉野も開花しました(3月22日撮影)。

「へそ展」を観に府中市美術館に来て、府中の森公園でお花見をする。それだけでもかけがえのない休日の過ごし方ですが、せっかく来たのだから、そのまま「ちゅうバス」に乗って帰ってしまうのはもったいない! ということで路上観察が趣味の担当者が周辺散策のおすすめスポットをご紹介します。ただし、本当にマニアックですので、共感を得られるかはわかりません。

第1回(勝手にシリーズ化を宣言!)は「府中通信施設」。
美術館から帰ろうと「ちゅうバス」を待っているとき、道を挟んだ向かいの鬱蒼としたエリアが目に止まった人も多いはず。よく見ると廃墟化した建物もあり、公園の長閑な雰囲気とのコントラストに違和感を覚えます。
これ、在日米軍施設の跡地です。

府中市美術館、府中の森公園の一帯はもともと在日米軍の基地(それ以前は日本陸軍の燃料廠)でした。1974年に在日米軍司令部が横田飛行場に移転するとともに、75年に通信施設を除いた土地が返還されます。美術館バス停の向かいにある鬱蒼としたエリアは、その名残。現在は国有地(返還後の処分保留地)で、その一角の未返還エリアでは通信施設のうちマイクロウェーブ塔が運用されています。
立ち入り禁止区域となっているのですが、周辺を散策すると外から廃墟化した施設を眺めることができ、マニアには知られたスポットとなっています。

米軍基地の廃墟
▲美術館から生涯学習センター方面に少し歩くと現れる廃墟化した建物。
庇トマソン
▲この建物、よく見ると「庇タイプ」のトマソン(わからない人はググってください)もあり、路上観察好きにはたまりません。


▲公園の臨時駐車場の奥にも廃墟が。

▲隣接の平和の森公園の中から。割れた窓ガラスもそのままです。
給水塔
▲生涯学習センター脇の路地を入っていくと給水塔が観察できます。これもマニアの多いジャンルですね。
府中トロポサイト
▲そして都営浅間町二丁目アパートあたりまで行くと、巨大なパラボナアンテナが! 府中通信施設の要、「府中トロポサイト」と呼ばれるエリアです。脇にあるのは高さ107メートルのマイクロウェーブ塔。
パラボラアンテナ
アンテナの直径は約14メートル。巨大構造物ってなんでこんなにワクワクするのでしょう。いくらでも眺めていられます。ネットで検索すると、夕暮れ時を撮影した写真があって、これがまたとても美しい。私もいつか撮影しに来たいと思います。

今回の散策所要時間は美術館をスタートして30分弱。「へそまがり」な世界を楽しんだ後に、廃墟を愛でる。そんな「へそ展+散歩=へそブラ」。皆様もいかがでしょう?

次回はひっそりと見所盛り沢山の「浅間山公園」(ここ本当に最高でした!)をご紹介します。

※周辺は閑静な住宅地ですので、散策の際は住民の方のご迷惑にならないようお気をつけください。

ぬこ
▲おまけ:米軍跡地内にいた猫。美術館周辺には猫もたくさんいます。散策してると猫にも会えるよ!

(図録制作チーム、藤枝)

「春の江戸絵画まつり」

へそ展を担当している学芸員の金子です。今日は、初の「へそ展」日記を書かせていただきます。

といっても、話題は「春の江戸絵画まつり」についてです。特にこう呼ぶようになったのは2012年からですが、それ以前から、毎年春に江戸絵画の展覧会を開催してきました。タイトルを書き出してみると……

 

2005年 百花の絵 館蔵の江戸時代絵画と関連の優品

2006年 亜欧堂田善の時代

2007年 動物絵画の100年 1751-1850

2008年 南蛮の夢、紅毛のまぼろし

2009年 山水に遊ぶ 江戸絵画の風景250年

2010年 歌川国芳 奇と笑いの木版画

2011年 江戸の人物画 姿の美、力、奇

2012年 三都画家くらべ  京、大坂をみて江戸を知る

2013年 かわいい江戸絵画

2014年 江戸絵画の19世紀

2015年 動物絵画の250年

2016年 ファンタスティック 江戸絵画の夢と空想

2017年 歌川国芳 21世紀の絵画力

2018年 リアル 最大の奇抜

2019年 へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

 

すべてを書き出したのは私も初めてですが、いかがでしょうか? ご覧になった展覧会はありますか?

どんなテーマの展覧会でも、洋風画家、司馬江漢の作品が並ぶことが多く、何人かのお客様から「江漢の単独の展覧会を!」と、リクエストされたことがあります。ところが、実は2001年の秋に、「司馬江漢の絵画 西洋との接触、葛藤と確信」展を開催しているのです。当館がオープンした翌年だったこともあって、まだ館の知名度が低く、宣伝も今より下手だったと思います。そのため、近年の展覧会ほど多くの方にご覧いただけなかったのが、少し残念です。

へそ展は、「春の江戸絵画まつり」としては15本め、当館の江戸絵画展としては16本めの展覧会となります。

 

館の前の桜並木は、毎年、のどかで、とろけるような、明るく美しい光と空気に包まれます。かと思えば、すぐに若葉の時期。一年のうちでも、ほんのわずかな時にだけ見られる若葉の色も格別です。美しい景色と一緒に「春の江戸絵画まつり」をお楽しみいただければ、担当者としてこんなに嬉しいことはありません。

(府中市美術館、金子)

Copyright©2018 府中市美術館 All Rights Reserved.