「ふつう展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、さまざまなプロセスと試行錯誤があります。「ふつう展」日記は、「ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります─京の絵画と敦賀コレクション」展、略して「ふつう展」に関わるスタッフが、折々に皆さんにお伝えしたいことを発信するブログです。


敦賀を歩く(2)建築を巡ってみよう

敦賀市立博物館で『「ふつうの系譜」おかえり展』開催も決まりまして、敦賀行きを計画している方も多くいらっしゃると思います。

ということで、敦賀散策ネタ第2弾です。
前回ご紹介したように、敦賀は歴史ある街。散策していると様々な文化財を観ることができます。今回は、建築物で巡る敦賀です。

 

まずは、前回も登場した「敦賀赤レンガ」から。こちらは「旧紐育スタンダード石油会社倉庫」で、北棟、南棟、煉瓦塀がそれぞれ国の登録有形文化財に指定されています。

 

▲敦賀赤レンガ(旧紐育スタンダード石油会社倉庫)

 

1905年に建設された、石油貯蔵用の倉庫。wikipediaによると、外国人による設計で、フィート単位で造られ、オランダ製煉瓦が使用されているとか。

▲こちらが南棟。煉瓦の積み方は「イギリス式」ですね
▲北棟には前回ご紹介した「ジオラマ」があります。社名が確認できます

▲この「塀」も登録有形文化財です

 

▲ジオラマでは往時の姿を観ることができます。このジオラマの楽しさついては、前回の記事をご覧ください

 

敦賀にはもう一つ建築的に重要な「倉庫」があります。赤レンガから徒歩7〜8分の海沿いにあるのが、敦賀倉庫。こちらも国の登録有形文化財。

▲旧敦賀倉庫株式会社新港第1号・第2号・第3号倉庫

こちらは1933年竣工、当時最先端のデザインが採用された鉄筋コンクリート造りです。

▲この端正さ。かっこいいです!
▲奥に見える木造のものは第4号〜第8号倉庫で、戦後に建てられたもの

 

 

 

そして、敦賀が誇る近代建築の文化財といえば、旧大和田銀行本店。そう、現敦賀市立博物館です。2017年に国の重要文化財に指定されました。昭和の銀行建築としては全国初の重文です。

▲敦賀市立博物館(旧大和田銀行本店)

 

1927年竣工。地上3階、地下1階で、地上部は鉄骨煉瓦造り、地下が鉄筋コンクリート造りです。設計は京都大学の一連の施設の建築で知られる永瀬狂三らで、施工は清水組京都支店。銀行としてだけでなく、レストランや公会堂なども置かれた、当時としては珍しい銀行建築です。
威厳と開放感を兼ね備えた、敦賀の街のシンボルだったのでしょう。

 

 

▲青空に映える、凜々しい建物です。

 

 

この建物の魅力は、『ふつうの系譜』展図録でもたっぷりご紹介しておりますので、ディテールはそちらでもぜひご確認ください。

 

 

▲重厚感あふれる玄関

 

▲1階には銀行窓口の名残

▲2階には貴賓室

▲3階は公会堂として使用されていました

▲国産最初期のエレベーターも観ることができます

▲意匠を見て回るのも楽しいです

 

ということで、敦賀市立博物館へ行くなら、赤レンガ、敦賀倉庫との「建築3点セット」をぜひお楽しみください。

 

おまけ。敦賀駅から敦賀市立博物館まで、歩いてみました

 

 

 

▲もう一つおまけ。赤レンガのジオラマにある旧大和田銀行本店。屋上にいる人は誰でしょう?

 

(図録制作チーム、藤枝)

 

 

Copyright©2019 府中市美術館 All Rights Reserved.