「動物展」日記

ひとつの展覧会の裏側には、展覧会を訪れただけでは見えない、さまざまなプロセスと試行錯誤があります。「動物展」日記は、「動物の絵 日本とヨーロッパ」展、略して「動物展」に関わるスタッフが、折々に皆さんにお伝えしたいことを発信するブログです。


家光の木兎図のこと②ー修復して生まれ変わりましたー

へそ展で、この家光の「木兎図」をご覧になった方は、お気づきかもしれませんが、この作品、実は、当初はかなり傷んでいたのです。

▲本紙には強い折れが入り、表具の軸部分には破れも。

 

 

傷みが進んでいるのには、訳があります。御住職によれば、第二次世界大戦で千駄木一帯が空襲に見舞われる中、当時の御住職は、寺の伝来品をできるだけ守ろうと、かさばる箱から掛軸を取り出して長持ちに詰め込み、避難させたのだそうです。

 

その時の御住職の孫にあたるのが、現在の御住職。蔵に眠っていた伝来品を、専門家の手を借りて整理しつつ、後世に伝えようと尽力しています。そして、この度、家光の「木兎図」が修復に出されることになったのです。

 

修復を任されたのは、伊豆に工房を構える「春鳳堂」。正倉院御物や東大寺宝物の修復も手掛ける老舗です。

▲「春鳳堂」初代の師岡恒夫さん。今回は特別に修復の現場を見せていただきました。

 

この日行われたのは、主に本紙の汚れを落とす「洗い」と新しくする裂地を選ぶ作業です。その様子を、写真とともに、ざっくり紹介させていただきます。

 

▲裏側に向けられた「木兎図」。

 

▲絵柄の描かれた部分を、古い表具裂から切り離していきます。真剣なまなざしでこの工程に取り組むのは、二代目の恒平さん。

 

 

▲今度は掛軸を表側に向けて、作業を続けます。恒平さんが手にしているのは、畳用の針。

 

▲丁寧に本紙を持ち上げる恒平さん。

 

 

▲絵柄のある部分から古い表具裂が外されました。

 

 

▲新しい表装のために、裂地を選んでいきます。

 

 

▲工房には、たくさんの裂地が。どれもいかにも高級そうです。

 

 

 

    

▲「格のある作品には、格のある裂をつけないと」と話す師岡さん。色々な組み合わせをご提案くださり、その中から養源寺の御住職が選びます。

 

 

▲裂地が決まったら、今度は「洗い」の工程です。きれいな水で本紙の汚れを落としていきます。

 

▲掛軸は何層かのレイヤー構造になっています。本紙の裏には、「総裏」「増裏」「肌裏」などのと裏打ち紙が施されているので、水に浸して、それらの裏打ち紙を剥がしていきます。

 

 

 

 

▲「折れ伏せ」と呼ばれる、小さく細長い紙を剥がしていきます。折れ伏せとは、本紙の折れや亀裂の部分に、折れの予防や補強のために裏面から貼る紙のこと。この写真では、白い横線のように見えるのが、折れ伏せです。この作品も、いつの時代かに、修復が行われていたのですね。

 

▲本紙に接する裏打ち紙「肌裏」を上げます。

 

 

▲本紙だけになった「木兎図」。洗いも終えて、見違えました!

 

この日、見せていただいたのはここまでです。古書画を洗うところなど目の当たりにしたのは初めてでしたが、水に浸けても、絵柄の墨は全く滲まないんです!(当たり前かもしれませんが、とにかくびっくり!)しかも、小麦を主原料とする古糊は紙時間の経過とともに、接着力が弱まるそうで、裏打ちの紙も簡単に剥がせる。だから、掛軸は何度でも生まれ変わることができるんですね。先人の知恵、本当にすごいです。

 

そして後日、完成した掛軸を見せていただき、養源寺に行ってきました!

 

表具が新しくなってどうなるのか、師岡さんが裂地を並べてくださっていた時は、きちんと想像できていなかったのですが、こうして仕上がりを見てみると、本当に素晴らしい。心なしか、木兎も喜んでいるように見えるから不思議です。

そして、洗いを終えた「木兎図」では、筆づかいもよりはっきりと見え、家光がいかに丁寧にこの絵を描いたかがよくわかります。私の感覚では、修復前の100倍くらいかわいくなりました。

生まれ変わった「木兎図」、ぜひ、展覧会場にてご覧ください。

(図録制作チーム、久保)

 

 

 

 

Copyright©2021 府中市美術館 All Rights Reserved.